きましたね車買取、事故歴と修復歴について思うこと

古くなった車引受けをお願いしたケースだと、最初に値踏みを受けることになります。その時の審査の方はお店のの担当者がおこなう訳ですが、クルマ市場の価格等から値段が出されることになります。

普通はユースドカーということで売り出されている額の20~30%程度が買取り価格と言われているようですが、人気のあるくるまであったり、珍しいくるまである際には高い見積金額が出るなどの場合もあるようです。それと、製造年が新しい方がやっぱり高い金額となります。他方、これらの見積価格はそのくるまが完全な状態の時であって、万全じゃないときだと査定は厳しくなります。その中でも事故の跡は買取額にかなり関係します。

事故車とは言っても定義はあいまいですが、基本的には車両の基礎であるフレームの部分まで駄目になっているような事故を経験してしまったクルマは事故車という事となります。そのような事故歴のあるくるまはそののちなにかしらの負の影響出現する危うさが有りますので、査定額では駄目なものとなります。一方、フレームの部分まで影響がなく、外装を修理した位であれば無問題ですが、それでも修理歴は付きます。

勿論、修理歴としてはついてしまいますのでマイナスの害はある訳ですが、事故車に比べ低い見積となることはないでしょう。それと、エンジンやギアなどに問題が発生している場合にもマイナスに鑑定されますし、常日頃の手入れの状況が見積もりに関係してきます。

このあたりは私たちには気づかない所ですが、鑑定を行う買い取りの専門店の方ではちゃんと状況をチェックの対象としてきます。

どちらにせよ修理歴がないことが車買取の値段がアップできるかどうかの分かれ目となってきます。