これが中古自動車査定制度について調べてみた

所有車の下取・買取時は、最初に査定をしてもらう事でしょう。査定イコール、ユーザーから下取りや買取する際にきちんとした評価をするための下調べであり、それには多くの人から肯定され、さらに認められたやり方でないといけません。とは言っても、ユーザー側からすると、値踏みがどんなふうに行われているのかはっきりとは認識していなかったり、正当な方法で実施されているのかは案外分かっておくことが出来ないケースがほとんどです。そうだとしても値踏みというのは中古車の価値を決めてしまう大変重要な方法な訳なので、考え方やその方法にさまざまなものがあると世間がパニックとなる要因ともなってしまうわけです。

このようなカオスを起こさないようにするため「日本自動車査定協会」という機関が設立され、中古自動車査定制度を設けているのです。

「日本自動車査定協会」という機関は、厳正な査定が拡大するように動いている団体であって、我々が安堵して鑑定に出すことができ、加えて満足のいく結果となる土台作りの動きをしています。

中身としては、例えばちゃんとした査定士を増やす為のテストをおこなっており、査定協会が実行している学科さらにはスキル研修というものを受けて、そうしてから査定士技能検定試験という試験にクリアすることで一定の技能を持つ査定士としての資格がもらえます。そして査定士として活躍するのには教会へ登録することが必要となり、まっとうな基礎的なものや義務でもって私たちのくるまの評定をするのです。要は適正な見積のための資格を保持している方が査定を行いますので、私たちも安心して下取りや買取に出すことが可能となるのです。