これは・・・中古車買取とリサイクル料について思うこと

所有車を売るときの手続きというと下取りと買取りのどちらかが御座います。下取の場合はおニューの自家用車をゲットする際、これまでの自家用車を買い取りしていただくというものです。だいたいは新車販売店が買い取りをするので買い取り金額としてはどちらかといえば低く見られるケースが多いです。

他方、買取のほうは自動車買取専門店がやっており、ユーズドカーとして店頭に陳列することを前提に買い取りの額を決めるので、どちらかというと高額の買取が期待できます。いずれにしろクルマを売却する事であり、売却する前に買取額を決めるための見積もりがおこなわれることとなります。

査定をおこなうケースで気になるのはリサイクル料になります。所有車値踏みで提示されるプライスというのはくるまそれ自体の金額、自分の車のに付いてくる自賠責保険とかリサイクル料などを含んだ額の2つの種類が存在します。リサイクル料についてはくるまをゲットした場合、若しくはリサイクル料が未払いだった時には車検を通した場合支払いとなりますので、のちに所有車を廃車にして処分する場合に必要なシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等リサイクルするための料金として使われます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、処分するさいにJARSから払われることになります。

料金は大体、軽自動車で8千円くらい、国産車の場合は10000円位、外国製自動車などで1.5万円位、その他で2万円くらいを入れる必要があります。たいていの愛車買取の場合、そうしたリサイクルの代金を愛車の引き受けプライスとは他として引受けされることになる訳ですが、リサイクルの料金を含んで引き受けプライスだという場合もあり、引受をお願いする時には先にチェックしておくということが大切な事となります。