ついにきた、ローンが残っている車の売却とのことだけどどうなんでしょう

マイカー買取専業店に買取査定を頼んだものの、ローンが完済していない場合もあり得ますよね。そうした時は、売り払いたいクルマの所有権があなた自身なのか別の方なのかをまずはチェックする事が必須です。

実際のところ、持ち主についてはなにを見るとわかるのかといいますと、「自動車検査証」に書かれているお名前の方がくるまの持ち主ということになります。

自動車を購入した時に銀行が提供しているローンを組まれたケースでは、この「車検証」に記載のあるお名前がご自分の名前になってるはずですが、自動車ローンを設定されたのがクレジット会社であった場合だとお名前がその会社の記載となっております。信販系で割賦契約を組む場合なぜこんな風に信販会社を所有者として記載するのかというと、その答えは毎月の支払いが滞納されたときに、すぐにマイカーを差し押さえして確保できるようにするためです。

こういった理由で所有者名義が信販会社になっている場合はそちらのお車を好きなように売ることは出来ません。何が何でも手放したいならまずは残債をすべて終わらせるか、割賦契約の組み替えをしてオーナーを貴方の名前に変えてから売却をすることが求められます。しかし、実際にそんな手続きが可能なのは今お手持ちの資金が余りあるケースに限定されます。それじゃあ現金があまりない方はどうすることが望ましいでしょう。

こんな場合は、評定をして頂いたくるま買取り業者に相談すると、車の買取価格から残りの返済分を賄い、持ち主を貴方自身の姓名に直してもらうことが出来ます。手続きの方もすべて買い取り専門店にオマカセ可能なので問題ないです。