ついにきた、車を売る時のローンの残りについて

中古車の買取ショップに評価をオーダーしたはいいけど支払いを残したままであるということも考えられます。そんな時は、売りたい中古車の所有がご本人であるのか別な方なのかどうかまずチェックしておくことが必要です。

本当のところ、所有者が誰かについてどの部分を見ると分かるかというと、自動車検査証に載っている氏名の方がくるまの所有権者という事であります。

マイカーを購入する際に銀行などのローンを組んだ時には、この車検証に書かれているお名前が自分のお名前となっている訳ですが、分割払いを設定されたのが信販会社である場合だと氏名がその会社の記載になる筈です。信販会社で割賦契約を組む場合何故こんな風にその会社を持ち主として登録してるのかと言えば、その理由は月賦が滞納されたときに、すぐにお車を担保という形で確保することを考えている為です。

そんなわけで所有者名義が信販会社になっている時にはそちらのくるまを好き勝手に売ることは不可能です。どうあっても手放したいならまず残債を全て終了させるか分割払いの組み替えをして所有権を貴方の氏名に変更した上で手続きする必要性が出てきます。とはいえ実際問題そういった事が出来るのはその時点で手持ちの資産が余りある時という事に限られます。じゃあキャッシュが足りない時はどのようにしたら望ましいでしょう。

こうした時には買取査定をやって頂いた自動車買い取り専門店にご相談頂けますと、くるまの売値から残った支払い分を支払し、オーナーをあなたのお名前に変えて頂くことが可能です。手続きの方も全てにおいて買い取りのお店にお任せできるので心配いりません。