とうとうです、高値売却交渉のことを考えてみた

中古の車買い取りでうまくいく為にも大事な事と言えるのが売却額商談でしょう。引受専門ショップが初めから限界ぎりぎり以上の金額を提示してくる場合はあまりなく、にもかかわらず売却してしまうともったいないことになるかと思います。ですから、もっと高値で譲渡するためにもギリギリを出させるためのネゴシエーションが大切となってくるわけです。

しかしネゴシエーションについては秘訣があるんですが、ことさら有効とウワサされているのがよそのお店と競わせることです。一つの店のみに売値アップの相談をしても、業者の方にとってみると無理に査定価格を上昇させる理由がありませんので首を縦に振らないケースが少なくありません。ところが、よそのお店の買取プライスも出しながら相談することによって、他の店舗に買取される危険性が出てくるため売り値を競い合っていただける場合があるってわけです。加えて、他のお店に於いても同様にトークをすることによってたがいに競ってくれる場合がございますから、さらに高プライスでの販売を実現することができます。そういった理由で、ユースドカーの引き受けに出すなら1つの買い取り店の査定額のみですぐに決めず、まずは4~5社以上の業者から鑑定をしてもらい、それから競わせて売値上昇をねらうのが秘訣だと言えるでしょう。

なお、プライスをアップしていただき易くする為のポイントもあって、まずは車の状態をいい感じにしておくことです。業者に買い取るだけの価値を感じてもらえなければ金額の上乗せは厳しくなりますから、美しくしておいたり買った時に近い状態にしておいたりというようなひと手間が必要でしょう。

トーク応接も大事であります。エラそうな感じで相談に臨んでしまうのはイメージをダウンさせる原因にもなります。人間的な感じがダメだとお店にも嫌がられるケースがありますから、お客だからという理由で上から目線にならないように留意しましょう。