どういうこと?「中古車査定と事故歴」とのことだけどどうなんでしょう

自動車引受けをお願いしたケースだと、初めに見積もりを受けることとなります。その場合の鑑定に関しては買取り業者の担当者がおこない、クルマ市場の金額等から値段が出されることになります。

だいたい古いくるまとして売りに出されている額の20~30%位が査定額とされていますが、好評なくるまであったり、希少価値のある車だったりする際には高プライスが付くといったケースもあるようです。それと、年式が新しいほど高い査定となります。他方、そういった査定額は愛車が万全な状態であり、完全じゃないときはマイナスに査定されます。なかでも特に修復歴などは買取金額に相当影響します。

事故歴といっても定義が微妙ですが、基本的に自動車の基礎であるフレームの部分にまで及ぶような事故を起こしたクルマは事故車という事となります。そうした修復歴のあるクルマは後からなんらかのマイナスの影響が出てくるかもしれないという危険が有るので、査定に関しては悪材料となります。他方、フレームの方にまで影響が無く、外側を修繕したくらいだったら問題ありませんが、でも修理歴としてはつくことになります。

勿論、修復歴が付くわけなのでマイナスの影響が有るわけですが、事故車よりも見積もりが低くなることはございません。他にも、エンジンなどに問題が発生している時もマイナスとして審査されますし、日頃の点検整備の状態が査定に影響されます。

その辺りは私たちには見分けはつかないのですが、見積もりをしている買取専業店ではキッチリその部分も見てきます。

どっちにしても修復歴が無いことが古くなったくるまの買取額をアップできるかどうかの最低条件となります。