ほら、日本自動車査定協会という機関の感想、所感

中古自動車の買い取り・下取時には、なにはともあれ査定をやります。査定とは、お客さんから買い取りや下取りする時に正確な鑑定をするための工程であり、それをするためにはいろいろな方から容認され、かつ認められたやり方でないといけません。ただ、ユーザー側から見るのであれば、査定がどのようにされているのかちゃんとは認識していなかったり、キチンとした手順で調査されているのかは案外分かっておくことが出来ないものですよね。ではありますが査定と申しますのは愛車のバリューを決断する決め手となるプロセスな訳なので、方法や考えに種々のものがあれば世間のパニックの要因にもなる可能性があります。

そうしたパニックを発生しないようにするためにも「日本自動車査定協会」という名の機関が存在し、「中古自動車査定制度」を打ち立てているのです。

日本自動車査定協会というのは、適正な審査が浸透するように機能している団体であり、お客さんが信頼して査定に提出でき、加えて納得のいく結果になるような制度を構築する取り組みをしています。

内容的には、例を出すとまっとうな査定士を増加させるための資格試験を行っており、査定協会が実施する学科及び実技の研修というものを受けて、そして査定士技能検定試験に合格することで一定のスキルを保有する査定士としての資格が与えてもらえます。その上で査定士として活動するためには協会への登録を済ませてからになり、きちんとした見識や責務をもって私たちの愛車の鑑定をおこないます。つまり適正な見積もりを行う為の資格を有している人間が鑑定を行いますので、ユーザーも安堵して買取とか下取に車を出すことが出来るというわけです。