今回は中古車屋さんに車を売る時について

中古自動車の売買の時は、必ずその車の見積もりをします。車種と年式で、基となる一定レベルでの額面のイメージをしておきます。これよりその上を行くほど状態が良くなかったら、金額を少なくするといった順番で処理を行っていくことでしょう。

標準時の金額に関しては、買取のお店の方で基本となる数字を保管しています。これは業者間でのみ回されているもので、その値段は車種と年式から残されているものです。とはいえ、この数字はあくまで基準の数値であり、それだけの意味しかございません。それに加え、その価格より高い金額で買い取られたり、ないしは安い価格で買い取られたりするケースも当然のようにあり得ます。

店側の立場に立ってみると出来るだけロープライスで買取したいわけで、お店にもよりますがベーシックな買い受けできる額を見せたうえで、更に低価格な方に話をつなげようとします。こちらの気持ちとしては少しでもいい条件で引き渡ししたいですから、ここでの交渉では強気に攻めるのが良いでしょう。それか、買取について査定額が同調できなかった場合などは一度保留し、話は休止状態とします。そうしてから違うお店とネゴシエーションしていくわけです。

そこで仮に価格がもっと高くなって不満がないなら、前のお店とのネゴシエーションは破談となっても問題はありません。つまり、売る側が納得がいくように交渉を進めていけばイイって訳です。一番気を付けてほしいのは、拙速に売値を決断してしまって、後になって後悔してしまうことです。プライスはとにかく強気にいく方が悔やむことはないでしょう。