今回は日本自動車査定協会の取組の感想、所感

古くなった車の買い取りや下取りの時には、最初に査定をしてもらう事でしょう。査定とは、お客様から買い取りや下取りの際に適正な評価を下す為の処置であり、それをするためには多くの人から認識され、かつ受け入れられた進め方をしないと良くありません。ただ、客側からすると、見積がどうやって行われているのか正確には認識していなかったり、適正な仕方で調査されているのかは案外分かっておくことが出来ないケースがほとんどです。しかしながら審査というものはお車の価値を決めるめちゃくちゃ決め手となる過程である為、考え方やその方法にさまざまなものがあると社会がパニックとなる一因にもなるのです。

このような混乱を生じさせないためにも「日本自動車査定協会」という機関が設立され、「中古自動車査定制度」を設けているのです。

「日本自動車査定協会」というのは、キチンとした値踏みが根を下ろすように活動している協会であり、我々が無事に車を審査に出すことができ、しかも満足できる結果になるようなシステムを構築する動きをしています。

実際の内容的には、例を挙げるとしっかりした査定士を増やす為の試験を実行しており、査定協会が実行している学科及び技法の研修を受けてもらい、それから査定士技能検定試験に合格することで一定の技能を保有する査定士としての資格が付与されます。更に査定士として勤務するためには協会への登録をしなければならなくなり、健全な知識や義務を以てして私たちの愛車の評価を行います。要するにきちんとした見積もりを行う為の資格を保持している人が査定をやりますので、客側もリラックスして買い取りまたは下取に持っていくことが可能となるのです。