今回は車買取 事故歴と修復歴

車引受けを依頼した時は、まずはじめに値踏みを受けることになります。そうした時の査定に関しては買い取り専門店の査定担当者がおこなう訳ですが、自動車市場の金額等から金額がはじき出されることとなります。

通常、ユーズドカーということで売られている金額の20~30%くらいが買取の値段と言われていますが、人気くるまだったり、珍しい車である際には高い見積額がつくなどの時もあります。それと、年式が新しい方がやはり高く売れます。ただ、そういった買取の値段はそのくるまがパーフェクトな状態であり、万全ではないケースだと査定は厳しくなります。その中でも事故車は見積もりに大きく影響します。

事故の跡というのも定義は曖昧ですが、基本的には自動車の骨組みであるフレームの部分まで跡を残すようなアクシデントを起こした車両は事故車として扱われます。そのような事故車は将来において何らかの被害が出るという危険があるので、見積もりにおいては駄目なものとされてしまいます。他方、フレームにまで影響しておらず、外側を修復した位なら大丈夫なのですが、でも修復歴はつくことになります。

モチロン修理歴が付きますので負の影響がありますが、事故車より見積もりが低くなることはないです。他にも、変速機やエンジンなどにアクシデントが出ている際もマイナスという事で鑑定されますし、常々の点検整備の状態が買取の値段に関わってきます。

そのあたりは私たちには分からない部分ですが、見積もりをする買い取り専門店ではしっかりそのへんも確認してくるでしょう。

どちらの場合でも修理歴は無いことがお車買取プライスがアップできるか否かの分かれ目となります。