改めて「中古車売買」について思うこと

ユーズドカーの売買契約時はまず最初に車の査定をすることになります。その型式や年式で基準となる標準状態の値段の目安をつかんでおきます。これよりその上を行くほど印象が良くなければ、見積額を減額するなどといった順序で処理を行っていくことでしょう。

標準状態の値段のことについては買い取る側で基礎的な数字を所有しています。これは業者間だけで流通しているもので、そのプライスはその車といつのものかということから記載されているものです。ではありますが、あくまでもこの数字は標準的な数字であり、それ以上でも以下でもございません。プラスして、そのプライスよりも高い価格で買取をされたり場合によっては安い価格で買いたたかれたりする事だって当たり前ですが無くはないです。

店側の立場に立ってみると限界まで低い金額で買い受けたいわけですから、買取店にもよりますが基本となる買い取り額を示した上で、それよりもロープライスな方向へ行こうとしてきます。売る側からすれば1円でも高プライスで売却したいわけですから、この場合は強引に攻めていくのが吉です。あるいは、売却に関してのプライスが合意できなかったのであれば一度保留し、そこで話を中断しておきます。そうしてからほかの買取専業店と交渉を進行させるのです。

そこでもし価格がより高値が付いてうなずけるものだったら、最初のお店との商談は決裂でも問題はないでしょう。つまり、販売側が納得がいくように交渉を進めていけばいいという事なのです。もっとも気を付けてほしいのは、あせって売却額を決定してしまい、後から残念な気持ちを残すことです。売値についてはあくまで強気に攻めた方が後悔しないはずです。