話題沸騰!中古車査定と事故歴

古い自分の車の引受けをお願いしたときは、初めに値踏みを受けることになります。その際の値踏みについてはお店のの人がおこなう訳ですが、オークションマーケットの金額等から金額がはじき出されることになります。

大体、古いくるまということで売りに出されている価格の2、3割程度が査定額とされているようですが、人気のある車種であったり、珍しいクルマなどの際には高プライスが出るといったケースもあるでしょう。他にも、製造年が新しい方が高くなります。一方でそういった査定額はそのクルマが万全な状態の時であって、そうではない場合にはマイナスに査定されます。なかでも特に事故車などは買取プライスに結構響きます。

事故の跡というのも定義が曖昧ですが、とりあえず車の基礎となるフレームの部分まで影響しているようなアクシデントを起こしてしまったくるまは事故車という事となります。そういった事故歴のある車はそののち何か負の影響出るという危うさがあるので、買取金額においてはダメなものとなってしまいます。その一方、フレームの方には影響が無く、外装を修理した位であれば問題ありませんが、それでも修復歴がつきます。

勿論、修理歴としては付くわけなのでマイナスの害はあるのですが、事故車に比べて低く査定されることはないです。また、エンジンやギアなどに問題が発生しているときにもマイナスに見積もりされますし、普段の点検整備の状態が買取プライスに影響されます。

このへんは私達にはわからないところですが、値踏みを行っている買取専門ショップの方ではきっちり状態をチェックしてきます。

どっちにしても修理歴としてはないということが古い車の見積価格をアップできるか否かのポイントとなってきます。